避妊をしなければいけない様々な理由

妊娠を望んでいるカップル意外にとっては、妊娠は非常に負担のかかるものとなってしまいます。
そのため、妊娠を望まないのであれば必ず避妊をする必要があります。
避妊をしなければいけない理由というのはいくつもありますが、まず大きいものとしては単純に金銭的な理由です。
妊娠した場合の選択肢としては、中絶をするか出産をするかの二択しかなくそれ以外の選択肢は有りません。
そして、どちらを選ぶにしても経済的な負担は大きなものとなってしまいます。
出産をすれば出産をするにもお金がかかりますし、出産をするまでにもお金がかかります。
もちろん、子育てをしていくにもお金がかかりますから経済的な負担というのは非常に大きなものとなります。
また、中絶をする場合であっても決して安い金額で出来るわけでは有りませんから、望まぬ妊娠をしてしまうと経済的な負担だけでも大きな物となってしまいます。
次に精神的な負担が大きいという問題もあり、中絶をする場合には女性の心に大きな傷を受けることになり、出産をするにしても将来の見通しが立っていないのであればそれから先様々な問題と戦っていかなければなりません。
女性の場合には肉体的な負担も当然かかってきますから、中絶をすればその後不妊になってしまうという恐れもありますし、出産は命の危険もあるものです。
そして、何より人の命を預かることになりますから、安易に中絶をするといったことや出産をするということを選ぶわけにはいきません。
このように妊娠をしてしまえばそれだけで人生を大きく狂わせてしまう恐れがありますから、妊娠をしても問題がない状態でなければ避妊をしなければならず望まぬ妊娠をしないように細心の注意を払う必要があるのです。

避妊具を無料提供するフレンチレタープロジェクトとは

フレンチレタープロジェクトは現在韓国で運用されているプロジェクトです。
このプロジェクトでは10代の青少年が対象となっており、申し込みをすることで毎月コンドームを無料でもらうことができるようになっています。
ではどうしてこのフレンチレタープロジェクトが行われているのかと言うと、ここには「青少年がコンドームを買うことができずに悩み、また避妊をせずに性行為に及んで望まない子供を作ってしまうことを回避する」という目的があるのです。
韓国の統計庁が出した調査結果では性的関係を持ったことがある青少年のうち避妊を行って性行為を行ったのがたった39%だけであること、また妊娠経験のある少女の中絶率が66.1%と高いことを発表しました。
これに対して中絶や未婚の母といった問題を発生させるべきではないと考えたソン・ミンヒョン氏は申し込みをしてくれた青少年にコンドームを配布することで問題発生の対処としようとしたわけです。
コンドームを買うこと自体は違法ではないものの青少年にとってハードルが高いという事実があることを認識している大人も多く、このプロジェクトに対しては好意的な見方が広まっています。
ただ中にはこのプロジェクトに対して「避妊や性教育が堅実に行われていない中でコンドームを配布することはむしろ乱れた性生活を助長する」といったような教育批判や、フレンチレタープロジェクトを行っているのがコンドーム販売を手掛けるベンチャー企業であることを踏まえた上で「青少年を未来の顧客にしようとしているだけに過ぎない」と手痛い批判を向ける声もあるのが事実です。
ただ現在までこのフレンチレタープロジェクトは韓国全体で運用されており、1年間のプロジェクト利用者数は1000人以上にもなったことを考えるとプロジェクトの対象となる青少年にとっては非常に価値あるプロジェクトになっていることも事実でしょう。

避妊に失敗する原因と対策

避妊に失敗をしてしまう原因というのは様々であるため、なぜ失敗してしまうのかということを事前に理解しておき対策を立てておきましょう。
まず、コンドームを使用した避妊に失敗してしまう原因としては、付け方が間違っていた、つけるタイミングを誤った、途中で破れてしまったというものがあります。
コンドームには裏表があるので、それを間違ってつけてしまうと性交中に外れやすくなってしまって、精液が漏れてしまうおそれがあります。
そのため、付け方は正しくペニスの根元までしっかりつけるようにしましょう。
次にコンドームというのは挿入の前に必ずつけることが大事であり、射精の直前につけても意味が有りません。
必ず、挿入をする前につけることが大切です。
途中で破れてしまう理由はいくつかありますが、爪によって傷がついてそこから避けてしまったといったことや、空気が入って破れやすくなってしまったというパターン、付け方を間違っていたというパターンもあるのでこのような点に注意をしておきましょう。
破れてしまった時にはどうすることもできないので、すぐに病院行に行き緊急避妊薬を処方してもらうことが大切です。
避妊薬を使っていたのに失敗してしまうというケースも有り、これは飲み忘れをした場合は避妊効果が現れる前に性行為をしてしまったというケースがあります。
避妊薬を使用する際には飲み忘れをしないように、また効果が現れる時期を正確に理解しておきましょう。
膣外射精や安全日を利用した避妊というのはありますが、これは妊娠を防ぐ方法としては確実性の乏しいものとなっているので単独で使用しないことが重要です。
しかし、他の方法と組み合わせれば効果はありますから、単独での使用をしないということを頭に入れておきましょう。
▼ピル(避妊薬)は、望まない妊娠を防ぐために服用されるお薬です
ピル 通販
▼体の負荷が少ない避妊薬はこちらがオススメです
マーベロンは安全性に優れています

ページの先頭へ戻る